吾妻山の会

冬の吾妻連峰を歩く

平成211230日〜平成221月1日

山域:吾妻連峰(磐梯朝日国立公園) 

目的:年末年始冬山合宿

参加メンバーCL清野、長谷川、今井、児玉、遊佐

概念図(清野さん作成)

       

天気図  12日の新聞は休刊のため1日の天気図はホームページから)

経過報告

12/30(木) 6:30福島市庭坂駅−(R13号)−8:00米沢市天元台ゴンドラ/リフト―終点9:3010:30人形石―籐十郎―東大嶺―13:30カブト山頂直下テント泊(カブト山頂直下)

12/31(金) 6:00起床―昭元山―烏帽子―11:30ニセ烏帽子―兵子―16:00家形山手前 テント泊

1/1(土) 8:00 家形山―五色沼―慶応山荘分岐―山鳥山―吾妻スキー場14:3015:00高湯温泉

1230日、天元台スキー場のゴンドラとリフト3本分の乗車券(\1,200 or \2,100どっちだったかな?) を買い、雪の量を心配しながらリフトで終点まで行く。お天気は上々、シールを貼り出発すると、雪がしまっていてとても歩きやすい、順調に人形石に着く。樹氷もできていて青空の下ニョキニョキ立っている。少し下って籐十郎、遠くに飯豊山がとてもきれいに映えていてみんなでウットリ見とれてしまいました。ホワイトアウトになるとやばいが、きょうは楽しく弥兵衛平を歩く。右側に黒い森(銘々、清野さん)を見ながら左の森の際を通って、明月荘もよく見える。東大嶺を過ぎカブト山直下をきょうのテント場とする。去年新調したばかりの8人用テントに5人で悠々。満天の星、14夜の月、風強し、さて明日の天気は.....

1231日、雪降り、昭元山はまずまず歩きやすかったが、烏帽子はハイマツとシャクナゲの灌木にはまこと2回、潜りそうな灌木を通過するには「ソロリソロリと歩くことが基本」と。左側の崖(?)を確認しながらニセ烏帽子、兵子、家形山と進むが、時間切れ。きのう、山形側は雪が付いて白く見えたが、福島側は黒い樹木が見えていたのが、このような雪の状態だったのかと歩いてみて実感しました。ここで幕営。宍戸さんと携帯で連絡、ありがたいことに明日、米沢市天元台まで車をとりに行くために送ってれるとのこと。携帯も通じて家族に連絡すると、福島市や保原町も夕方から雪降りと。

1月1日、「明けましておめでとうございます」とみんなで新年のあいさつをして準備に取りかかるが、きょうはどんなことになるやら初心者の私は少し心配。雪降り、風も強い。家形山を下り、五色沼のわきをトラバースする。風が強くて大変、ここはいつも風に飛ばされそうになりながら通過するが、きょうは一段と強い風に難儀する。大岩まではスキーを抱えて通過、大根森に入ると風もおさまり、ホットするが、雪が深くてラッセルちっとも滑らない。ここには久しぶりに来た、高湯スキー場が営業していたころは、このコースを通って、吾妻小舎に行ったこともあったが。慶応山荘の分岐で昼食。山鳥山、あと少しだ、がんばるぞ。高湯スキー場シールを貼ったまま直滑降で下りる。当たり前だが、だ〜れもいない、トレースもない。高湯の先のまで高橋会長さんが車で出迎えてくださった、ノンアルコールのビールを持って。とてもおいしくてアルコール フリーとは思えない、ごちそうさま、無事に縦走できました。

初心者の私にはちょっと難儀なツアーでしたが、おかげさまで縦走できました、ありがとうございました。実際に地図とコンパスを使い目標を目指し、少ない雪と強い風とになやまされましたが、充実した合宿でした。「ほとんどのラッセルをして下さった長谷川さんありがとうございました。」

                        

遠くに飯豊山

これから進む福島側の山