吾妻山の会

[ 大東岳へ ]

日程 平成2471()

メンバー:竹田、石井、遊佐

庭坂の町民登山の下見に大東岳に行きましたが、私は疲労困憊!庭坂町民にはなれませんね。

福島市吾妻学習センター〜IC福島飯坂〜IC仙台南
〜大東岳登山口〜白滝〜雨滝〜裏磐司〜京淵沢〜
北石橋分岐〜樋ノ沢避難小屋〜樋ノ下大沢〜弥吉ころばし
〜大東岳〜鼻こすり〜東清水〜こぶし平〜
鹿内コース分岐〜立石沢〜小行沢〜大東岳登山口

前日は暑かったのに、半夏生のきょうは少し肌寒く今にも泣きそうな空模様。
でも夕方までは何とかもつかもしれないと希望的観測で吾妻学習センターを
6時に出発。
7:40二口温泉の先のキャンプ場を確認して登山口に到着。

8:00裏コースへ出発。登山口の駐車スペースには車が7台もあったのに、裏コースではたった一人の方にしか会わなかった。
始めは林道を歩く、丸太橋を渡るといよいよ登山道を行くことになるが、何カ所か道が崩落している。
この山には滑滝が多く岩肌の上を水が滑るように流れてる。白滝、雨滝を過ぎると向かいに裏磐司の岩壁がみえる。
「氏家さんなら登りたいだろうね...」と石井さんの言。ここにはコンクリートの休み台がある。

このコースにはところどころに同様なコンクリートの台が設置してある。腰を下ろすベンチには高いので、荷物置きかしら。
注意して沢を3カ所(だったかな?)渡り登ること
2時間30分で樋ノ沢避難小屋に着く。

2階建ての立派な小屋で一休み、まだ雨にはならないが雨具を着るか迷う、歩くと暑いのでもう少し我慢する。
この先の登りは急で弥吉ころばしを過ぎるとやっと緩やかな登りになり、
1230分山頂でに着く。だ〜れもいない。
それに、何も見えない。本来なら蔵王や仙台市が見えるはずなのに...。

石井さんが準備してくれた焼き肉に舌鼓をうち、山頂を独占して昼食。表コースを下る。鼻こすりの急坂を下ると、
あとは林の中を9合目、7合目、5合目と石の導標案内に沿って下る。3合目からは杉林の中。

最後まで雨具は着なかったが、スパッツを付けなかったからズボンの裾は泥だらけ。二口温泉でゆったりお湯につかり、
きょうのコースを振りかえる、きょうも楽しかったな....


雨滝(岩肌から水滴がこぼれていてまる
で雨が降ってるよう、残念、写真でそう
は見えませんが)



END