吾妻山の会

     【 秋の御所山(船形山)と渓谷を歩く 】

平成21年(2009)9月20日(日)〜21日(月)

『 参加 メンバ− 』  CL 渡辺 SL 齋藤 今井(キノコ担当) 遊佐(食事担当) 梅津(記録担当)

『 登山口までのアプロ−チ 』
、 自家用車 (齋藤) 集合場所9/20(日) 6:55出発〜高速道路 飯坂IC〜高速道路東根(8:15)〜R13(8:23 123Km)〜道の駅(むらやま)8:35〜8:50 シメジ購入〜セブンイレブン(8:53-9:00)〜御所山荘(10:05 175Km)〜駐車場(10:10 175.2Km 往復349Km)

『 コ−ス、タイム 』
  9月20日(日) 駐車場(出発 10:30)〜連絡道2 (10:41) 〜林道コ−ス(11:20〜11:40 )〜落合(12:33〜12:50)〜お釜石(1:30〜大沢小屋(3:35)

  9月21日(月) 大沢小屋(5:00起床 〜 出発6:50)〜大滝(7:50〜8:08)〜見晴らし台(9:16)〜御宝前分岐点(9:53〜10:10)〜賽の河原(10:45)〜船形山頂上(1050〜11:00)〜御宝前分岐(11:30〜11:35)〜キャンプ場・水場(12:00〜12:10)〜クラビ分岐点(1:06〜1:25)〜一本橋(2:25)〜落合(2:45〜3:00)〜駐車場(3:45〜3:55)〜集合場所(7:37) 解散(8:45)

『 山行の経過と報告(感想) 』
【 秋の御所山 】の山行計画は、当初高泉氏の発案で計画を進めていたが、出発予定日までに残念ながら腰痛の回復が間に合わず、大事を取って不参加となり、CLとSLを変更して5人のメンバ−で実行した。
 初日(20日)は
 沢コ−スを落合まで予定していたが、途中から一気に林道コ−スに急なガレ場をザイルを垂らして攀じ登り、ルンルン気分で落合まで進み高床の立派な東屋で遊佐さんのデザ−ト葡萄や枝豆(梅津自家製の味自慢)で小休止。ここから沢に入り層雲峡コ−スを大沢小屋まで沢歩き、水質は鉄分が多そうな感じで水量も岩の汚れ具合から少なめと推測した。
 所々紅葉が始まっていたが秋も深まり更に紅葉が進めば、見事な景観を楽しめそうだと想像した。

 途中の大岩の上で今井さんのまろやかで高価そうなウィスキ−を「 ドゥ−ゾ 」を催促して3口ほど戴いた美味かった。 沢は、何とか登山靴でも飛び石を探しながら歩けたが、時間がかかるので渓流靴に履き替えた。 沢のへつりは、荷物(約20Kg)もありしばらく振りで、指のホ−ルドもしっかりと3点確保を徹底し、慎重にクリアした。 若いころは、この程度はヒョイヒョイ歩けたのにナ−と思いながら。(しかし、エイヤ−で飛び跳ね、滝底に転落し、麻ロ−プで引き揚げて貰ったことも懐かしい。)

 大沢小屋は、10畳ほどの広さで2階があり調理台や五右衛門風呂が付帯した、大きな囲炉裏のある建物で、床が少し傾き加減の歴史を感じさせる立派な小屋であった。
夕食の献立にキノコ汁は、現地調達のキノコは期待できなかったが、来る途中の道の駅(村山)でシメジを購入して貰っていたので助かった。サラダとフランスパンのサンドウィッチ、各自の好みで持参した酒類、おつまみで今日のここまでの話題や山の話で尽きなかった。 出発前日に購入し味付け(塩と胡椒)と保存性(20度の酒とニンニク)を考慮した鳥のモモ肉(国内産)をフライパンで焼き上げた、一品は、バルサミコ酢を使った所にポイントがあり、日本酒向きだナイ!とご好評を戴き齋藤さんの日本酒を勧められ美味しく戴き、HPにレシピを載せるよう!オダテラレル。

小屋は我々以外誰もいない貸切で9時に消灯した。(まだまだ寝るにはもったいない心境の齋藤さんも夜中に目が覚めた時、囲炉裏の火とガスランタンの明かりで見ると、夢の中の様子だった。)

 翌日(21日)
 5時起床6:10朝食済ませ小屋をバックに記念撮影し、渓流靴でスタ−トしたが途中で渡辺さんのダイキジの間に長袖を脱いだり登山靴に履き替えたが結局まだ早かった。 登山靴は、大滝を過ぎてからが正解だった。
 大滝は名の通り大きすぎて、滝つぼまでの全景をカメラ(小さいデジカメ)に入りきれなかった。 後で動画で撮れば良かったと思う。
滝をバックに写真を撮り、ここからが急登で一気に高度を稼ぎ御宝前分岐でザックをデポし御所山山頂を目指した。山頂では多くの登山客が月山や早池峰山等の360度の素晴らしい眺望を楽しんでいた。
 山頂避難小屋は、真新しい作りで、鋳物作りの立派な薪スト−ブが設置してあった。
下りは40名ほどの自衛隊のパ−ティ-に道を譲っていただきながら分岐点に戻り、キャンプ場(水場 水量は少ないが冷たい美味い水。)を経由してクラビ分岐点〜クラビコ−スを落合に戻った。

 登山道全般的に、刈り払いも行き届き歩きやすい状況だった。道標もきちん管理された良く見える文字で申し分なしだったが、、スタ−トの入り口でル−トを間違えたのは、残念。
何事も経験、多少の打撲、靴ずれ(マメ)程度で、全員無事帰宅し記憶に残る楽しい山行が出来て、メンバ−の各位に感謝します。

(リ−ダ−の渡辺さんには帰りの運転お疲れ様、サブリ−ダ-の齋藤さん快く車を提供 運転お世話様、枝豆や採取したキノコを持っていただいた今井さん又ウィスキ−御馳走様、共同食料の準備や牛乳パック?に入れた遊佐さんの葡萄は行動中美味しく戴きました。どこでだったか女性でずっしりの、この重さのザックは、大きさから見事なパッキングと体力、気力は素晴らしいと感心した。)
 

                                       (2009/9/29  梅津 記 )

   【 スナップ写真 】
                                                END