吾妻山の会

八甲田山スキ−

 2009年 5月 2日(土) 〜 4日(月)

参加者 CL渡辺敏雄   斎藤春男   遊佐寿恵

5月2日 福島発7時30分、国見インタ−から高速に乗る。高速1000円の効果かだいぶ混雑している。途中一関
手前で自然渋滞になり10分程車が動かない。酸ヶ湯到着当初より1時間ほど遅れて到着したため、当初の予定
していたゴンドラを使ってコ−スを滑るのをやめテントを張る(酸ヶ湯テント場)
テントサイトに前日から入山していたチ−ム福島の御一行さんが顔を見せてくれた。山の情報を聞いたがやはり
例年より雪が少なく道路の雪の壁は低かった。明日の(3日)天気が気がかりだが天候次第では硫黄岳がお勧め
とのことであった。

3日 やはり天気が良くなく曇りで今にも雨が降りそうであったため、当初予定の箒場平コ−スをスイセン沼から
硫黄岳コ−スに変更した。途中小雨もパラついたが硫黄岳に向かい頂上から滑り下り、途中また登り返し滑って
きた。スイセン沼に着いたのが早かったので箒場平コ−スの視察を兼ね道路を走る。やはり雪が少なく箒場平
付近は雪が殆んどなかった。
テント場に着いてゆっくりしていたらチ−ム福島の渡辺五郎さん達が来て、岩木山に行ったが雪がなく八甲田山
に戻ってきて、箒場平に行ってきた話しを聞いた。お薦めの斜面があるので是非行ってみたらばと言うことで
次の日はそこを滑ることに決定した。

4日 先日の話を聞いたので朝一番のゴンドラで箒場平を目指した。天気は風が少しあったが晴れて上々の天候
であった。避難小屋から従来のコ−スの高台から鞍部に向かって滑り下り、お薦めコ−スに登り返した。
頂上から見る斜面は素晴らしかった。一気に滑り降り箒場平に向った。コ−ス途中に目印の竹竿やペイントが
あるため忠実にコ−スを辿った。途中雪が少なくスキ−を外すところが一ヶ所あったが無事箒場平に着いた。

コ−スタイム
3日  スイセン沼発 8:30 〜 硫黄岳 11:00 〜  スイセン沼 11:50 着
4日  ゴンドラ 8:55 〜 避難小屋 10:10 〜 ピ−ク滑り出し 11:10 〜 コ−ス出会い 11:50
    箒場平 12:20