吾妻山の会

 天元台~谷地平経由~高湯温泉へスキー縦走

 

 日時:平成25年3月17日(日)18(月) 

 

 コース
 3/17(日)快晴

 庭坂駅7:19発-(奥羽本線\¥570)-米沢駅7:58着 8:10発-(バス\¥940)-天元台-
 (ロープウェイ、スキーリフト
\¥2100)-10:00→カモシカ10:25→人形石→関所(昼食)
 11:3512:0012:30東大てん→谷地平→15:30谷地平小屋

 3/18(月)くもり

 谷地平小屋7:45→五色沼10:45→家形避難小屋(昼食)11:2012:30→井戸講13:05
 旧高湯スキー場
13:40→高湯14:30

 

 参加者:清野、宍戸、小柳、ゆさ、    

 

 天気図:

  

  

 

 最高のお天気、石井さんに駐車場から庭坂駅まで送っていただく。
 これから縦走するのに歩いて5分のところを車に乗せてもらうなんて申し訳ない、でも、らくちんでした。

 

 朝日に輝く吾妻連峰を見て、天元台から谷地平を経て家形山から高湯までのコースを想像しワクワク。
 庭坂駅から
7:45発の奥羽本線に乗り込む。
 峠駅で「ちから~、ちから~」にさそわれて、縦走路で食べようと力餅を仕入れた。
 米沢駅では直ぐに天元台行きのバスに連絡していて便利である。
  

  ロープウェイとスキーリフト3本を乗り継ぎ、リフト降り場では飯豊山、朝日、月山、
 鳥海山がとってもきれい。さ~て、山行スタート!

 

 林の中を歩き始める、急登。林を抜けると西吾妻の樹氷がまだ残っている。

 

 

  
 大倉川の渡渉

 
 谷地平小屋前の川の渡渉

 

     

 きょうは貸し切りの谷地平小屋に泊まる。

 

 

 3月18日(月)、きのうのお天気と違い雨が心配なので、
 ザックから雨具が直ぐに出せるようにパッキングして大倉深沢コースまで少しもどる。
 針葉樹のすばらしい林の中を歩く。2時間の急登。

  

 五色沼に出て、沼の東側をトラバース。がんちゃん転がしを気持ちよく滑って
 (今回の山行の一番楽しい滑りでした)家形避難小屋につく。小屋のストーブをたくが、
 すさまじい煙にいぶされ涙、涙、でも、ゆっくり昼食。

 

 小屋の前には我がクラブ「AAC」(この写真でははっきりしませんが)がつけた
 「←五色沼」の標識がある。

 

 家形小屋から慶応山荘わきを通過して、熊が遊んでいることもあるという井戸講。

 

 旧高湯スキー場に到着。あっという間に木が育ってしまったスキー場を高湯まで滑る。
 湯花沢も何とか滑れた。気がつくと雨にあわずに最後までこれたラッキー!!

  前日、清野さんが高湯の駐車場に車をおいてくださった。その車を待っていると中沢さんの車も登場。
 私らを迎えにきてくださったと、ありがたいこと。

 今回の山行の始めと終わりは、仲間のあたたかい心にふれ、感謝。

  It arrives at an "old high hot water skiing area."
 It slides on the skiing area where the tree has grown in the twinkling of an eye to "high hot water". "Hot water Hanazawa" was  able to slide somehow.
 Luck which was able to come to the last without suiting rain if you notice!!
 On the previous day, Mr. Seino set the car in the parking lot of high hot water.
 If it is waiting for the car, Mr. Nakazawa's car will also arrive. It is kind in having picked me up. A friend's warm heart   is touched with and      appreciated for the start of this hiking, and the end.

   
 END