吾妻山の会


  尾瀬スキーツアー

 平成22年3月20日(土)〜22日(月)

 コース:檜枝岐〜燧ケ岳

 参加メンバー:宍戸、清野、小笠原、遊佐

  天気図

   

  



 テント場(わが庵)

  
     
赤筆はル−ト軌跡

                                                                                                                    
 

 経過報告


 320 8:30学習センター==11:30檜枝岐村12:20−ブナ平16:30

 

 321 8:30ブナ平−御池−熊沢田代11:4012:00ブナ平

 322 7:40ブナ平−11:50檜枝岐村14:0018:00学習センター

 報告

この3連休は裏岩手を縦走する予定でした。しかし、天気予報では「これからお天気が荒れますから、海や山へお出かけの方は充分に注意して.....」。強風の稜線コースは危険なので、燧ケ岳ツアーに変更。20日昼、まだ観光のオフシーズンなので静かな檜枝岐村からシールを着けて出発、沼田街道を歩く。初夏のようでTシャツでも歩けそう、白銀の燧ケ岳が私たちを招いている。車道を何カ所かショートカットしてブナ平へ。「わがテント場(庵「いお」と読んでください)は 御池の東 ブナ平 明日は天気と ふくろうぞ鳴く」(アラララ派の和歌(笑)、本歌どり。「わが庵は 都のたつみ しかぞ鳴く 世を宇治山と 人のいふなり」)。私の祖父はフクロウの鳴きなしは「ホーホー  のりつけ干せ」言っていました。(アイロンの無かった昔は、洗濯糊(舌切り雀がなめた)をつけて洗濯物を干した。ふくろうが鳴くから明日はお天気が良くなるので、洗濯日和だと。)されど、夜中に風と雨が強くテントはバタバタ、夜半からは静かに雪が降り出して明日の天気が思いやられる。テントに積もった雪をときどきおろしながら、明日の天気を祈る。

21日朝、雪が降ってはいるけれど風がないので、燧ケ岳をめざす。御池、広沢田代と進むうち、薄日も差してきてこれは期待できるかと思ったが、だんだん雲行きが悪くなってきた。熊沢田代で退却。滑り始めは雪質がよく、ひょいひょいと滑るが、下ってくるにつれて雪が重くなりひっかかる。登って来たルートを戻りブナ平のテント場へ。わが庵の周りをスノーモービルが見学していったようで、天然の冷蔵庫に入れておいたビールの缶を踏みつぶしていった。中身はまだ充分に残っていたので、ビールをこぼさないように缶を横にして飲む。時間はたっぷりあるので、テント場の環境を整える。このあとはテントでのおいしく楽しい贅沢な時間。

22日、昨夜また雪が降り、大杉岳に行っても滑りが期待できそうもないので、まっすぐ檜枝岐に帰ることに決定。きょうはスノーモービルも走っていなくて、ひたすらラッセル。お天気がだんだん良くなりそうで、後ろ髪を引かれながら檜枝岐に着く。駒の湯は、冬期間は午後1時オープンと表示あり、燧の湯でさっぱりして、なかなかお天気に恵まれないな........。



   

 

 

























小笠原さんが卵を8コも持ってきました!その他に500mLのビールを8本と日本酒とワインがザックに入っていました。ザックの重さは何十キロだったのでしょう?おかげさまでおいしい食事とお酒をいただきました。ありがとうございます。感謝×2。








   


   

                                                    スノーモービルにつぶされた缶ビール、こぼさないよう横にして飲む。


   

  すばらしい雪隠


    

     END