タイトル:初の尾瀬紀行  
浅野良 日時:2015年8月8日〜9日
山域:尾瀬アヤメ平
1/25000地図:尾瀬
メンバー:浅野
コースタイム:片道2時間程度


2015年8月8日朝の3時に出発し群馬県片品村へ向かう。目的は天上の楽園と言われたアヤメ平での撮影である。 カメラは2台、レンズが他に3本、コンデジ1台、その他フィルターやレリーズ、ライトなどの装備に含めて三脚も2本持っていくという結構な重装備でのぼった。 途中日光の戦場ヶ原などに寄り道するも8時には目的地に着いたと思う。 その後、アヤメ平へと登山開始。今は閉館してしまった富士見小屋にて昼食をいただく。ここではかけうどんを頼んだのを覚えている。今思えばこの時に泊まっておけばよかったと後悔している。 自分なりの山行予定では、夜は晴れるので徹夜で撮影し帰宅するというものだった。雷雨に見舞われた時は富士見小屋のトイレをお借りし収まるのを待つ計算だった。 天候は晴れだが夕方になると下から雲が上がってきた。霧雨のような雨が少し降ったが、すぐに雲は晴れていった。 予想通りの快晴、月も深夜0時になるとのぼってきた。この時にもう少し落ち着いて撮影出来れば傑作が撮れたかもしれない。昼にロケハンはしていたものの月の出る角度までは計算していなかった。知っていれば雲海とともに撮影できたはずである。 星の撮影はまずまず満足、朝の撮影もよく焼けた。さすが尾瀬。貸切で撮影したアヤメ平には7時には別れをつげて下山する。途中木道で足を滑らせ、ヒヤヒヤするも無事に鳩待峠へ。仮眠を取り、とうもろこしをお土産に帰宅する。 初めて尾瀬に行き被写体の多さとチャンスに味をしめた。2016年夏に会津駒ヶ岳へ登ったがこの時はガスに惨敗であった。体力も水も持っていかれ、疲れが如実にでたので次回に教訓を活かし傑作を物にしたいと思った。