竜門・大沢スキーツアー

平成22年2月20日

コース:天元台スキー場〜大沢スキー場

参加メンバー:宍戸、遊佐、佐野(チーム福島)、尾形(チーム福島)、加藤(チーム福島)、大貫(チーム福島)、新関(チーム福島)、木村(チーム福島)

天気図  



















経過報告

/0 7:20庭坂駅(奥羽線)8:00米沢駅8:10(バス)−天元台9:00(ロープウェー、リフト)−リフト最終点10:0010:35人形石−12:30明月荘−16:30大沢駅17:4518:50庭坂駅

報告

2月20日、天気を心配しながら奥羽線の始発電車に乗り込む。米沢駅からのバス、天元台山麓駅からのロープウェーの連絡がよく、スキーリフト最終点まで順調に着く。私はゴーグルを忘れてしまったが、スキー場レンタルスキーのお店で調達することができ一安心。さて、とりあえず人形石を目指してスタート。視界はあまりないが、先発隊がありそのトレースをたどり、地図とGPSで確認しながら樹氷の間を歩く。年末にこのコースを歩いたときにはとてもお天気が良くて、前には蔵王連峰、後ろには飯豊山がきれいに見えてルンルンだったのに....。人形石では大平温泉に下るというパーティーに会う。弥兵衛平、籐十郎を通過、明月荘にたどり着くが、入り口は雪で覆われている

みんなで除雪したが、ドアが開かない。ここまで案外時間がかかってしまったので、中に入ってゆっくりすることは諦め、下ることにした。風が強く雪が吹き付けるので林の中で昼食をとる。楽しみにしていたおいしいはずの下り斜面もシールを着けたまま。結局、林道の半分までシールをはずすことができませんでした。大沢駅で佐野さんのホットワイン、ビール、コーヒーで山おろしをして、この季節だからこんなお天気の時もあるさ...と自分をなぐさめて、暖房の効いた電車で帰ってきました。

後日談:世間の冷たい風で鍛えていたはずの顔が凍傷になりました。