吾妻山の会
 

谷川岳へ

 

日程: 平成24916()17()

メンバー:CL宍戸、竹田、遊佐

 

行程:9/16(日)安達道の駅4:30IC本宮~(東北道・北関東道・関越道)IC水上~土合9:0010:35幽ノ沢~11:00新道へ~11:55武能沢出会い~13:20白樺避難小屋~16:10清水峠

 

9/17(月)清水峠5:306:30鉄塔~8:20白樺避難小屋8:459:30幽ノ沢出会い~新道~11:30土合(関越道・北陸道・磐越道)~IC猪苗代~土湯峠~18:10安達道の駅

 

(今回の高速料金は往復とも同額で3,000円でした。)

 

天気図:
    

 

  

 

 台風は九州から朝鮮半島へ行きそうとの予報なので、916日(日)と敬老の日の17日谷川へ行くことになった。安達道の駅で宍戸さんの車に乗ってまだ開けやらぬなかを出発、日の出はずいぶん遅くなったものだとびっくりする。上河内パーキングで朝食をとるが、このあたりから霧もはれてお天気は良くなりそう。高速を東北道、北関東道、関越道と乗り継いで水上インターでおり(高速料3,000円)水上温泉をめざす。土合登山口の林道の駐車場には5・6台の車がある、そこから準備をして歩き始める。きょうは、2年前に巻機山から縦走してきた清水峠にテントを張る予定。上空は青空で舗装された清水街道(旧道)を進むと谷川岳の岩壁が見えてくる。多くの(服装と荷物から想像すると)観光客がこのすばらしい眺めを楽しんでいる。この岩壁に多くの岳人が魅了されたのだ!旧道沿いには失った友人を追悼する多くのプレートがある。旧道をマチガ沢、一ノ倉沢、幽ノ沢との出会いを経て、新道へ下る。この先の旧道の蓬峠へのルートは崩壊していて通行しない方がよいとの情報を得たからである。新道は林間のコースで見晴らしはない。そのうちに雨具は着用しなくとも大丈夫なくらいの小雨模様になってくる。JR送電線の鉄塔が見えてくると鉄塔の先に土間に板場のついた小さな白樺避難小屋につく。小休止して清水峠に急ぐが、ここから先が思いのほか時間を要した。このコースはJRの送電線点検道のようであり、谷側にある送電線方向にその案内がある。やっとのことで峠に着き白崩避難小屋に入ると1516人の先客があり、我々の居場所はなさそう。仕方ないので計画通りテン場にテントを設営する。ここには我々の他にすでに2張りのテントがあって、すっかりくつろいでいるようだ。今回の食事は各人が準備したので、それぞれのメニューを楽しむ。竹田さんリュックには500mLのビールが6本と500Lの焼酎が入っていた。こんなに重い物を担ぎ上げてきたのだ。それを感謝してごちそうになる。本当にありがとうございました、おいしかったです!午後9時消灯。翌朝までぐっすりといいたいところだが、12時頃から風がビュービューうなりだし、テントが飛ばされそう。宍戸さんと竹田さんは夜中にテント確認をし、ペグやテントザイルが外れたのを手直ししていただいたとか。注意深い点検が必要なのですね、感謝いたします。翌日は朝日岳から白髪門に行く稜線コースは強風にあおられ危険との判断で予定を変更して前日のコースを下山しました。