吾妻山の会                     Back
              無線クラブ          

定   款         

(名称)
第1条 本クラブは、吾妻山の会無線クラブという。

(事務所)
第2条 本クラブの事務所は、会長宅に置く。

(目的)
第3条 本クラブは、営利を目的とせず、アマチュア無線の健全な発展を図り、会員相互

     
の交友を増進し、合わせて安全登山に寄与する事を目的とする。

(事業)
第4条 本クラブは、前条の目的を達成するため、次の事業を行う。

     (1) アマチュア無線局の設置と運用
     (2) アマチュア無線についての調査研究
     (3) その他、本クラブの目的達成に必要な事業

(会員の資格)
第5条 アマチュア局の無線設備の操作を行うことが出来る無線従事者の資格を有する吾妻山の会
     会員は、本クラブの会員になることが出来る。
                        

(会員の資格の喪失)
第6条 会員は次の場合に資格を失う。
     (1) 死亡・退会・除名
     (2) 電波法令に違反し、罰則の適用を受けた時。


(役員)
第7条 本クラブに次の役員を置く。
      会長 1名
      理事 若干名
      監事 1名
(役員の選出
第8条 (1) 会長と監事は、総会において選出する。
     (2) 理事は、会長が総会の承認を得て依嘱する。

(役員の任期)
第9条 役員の任期は、2年とし、再任を妨げない。

(役員の業務)
第10条 (1) 会長は、本クラブを代表し、業務を統括する。
      (2) 理事は、会長を補佐し、本クラブの業務を執行する。
      (3) 監事は、会計および理事の職務を監査する。

(役員会)
第11条 役員会は、会長が召集し、本クラブの業務の執行に必要な事項を決める。

(総会)
第12条 総会は、通常総会と臨時総会とする。
      (1) 通常総会は、毎年1回会長が召集する。
      (2) 臨時総会は、役員会または会員の2分に1以上からの要求のあったとき開催する。


(議決方法)
第13条 総会、役員会の議決は、出席者の過半数以上をもって行い、可否同数の時は議長の決するところによる。

(総会の議事)
第14条 総会に付議する事項は、次の通りとする。
      (1) 事業企画・予算・決議
      (2) 定款の変更
      (3) その他の重要事項


(資産)
第15条 本クラブの資産は、設立当初の寄付財産、会費、寄付金、その他の収入とする。

(会計年度)
第16条 本クラブの会計年度は、毎年4月1日から翌年3月31日までとする。

(顧問)
第17条 総会の承認を得て、アマチュア局の無線設備の操作を出来る無線従事者の資格を有する吾妻山の会会員以外の者による顧問を置くことが出来る。

(届出)
第18条 会長は、東北総合通信局長に次の届出を行う。
      (1) 構成員に変更があったとき。
      (2) この定款または理事について変更しょうとするとき。