吾妻山の会

栂森ツァースキー 『 50回 』 2月28日(日)

主 催:吾妻山の会

コース:福島駅7:12発=(奥羽線)=峠駅8:00→旧峠スキー場→杉→やせ→見返り坂→栂森→カボチャンころがし
    牧場
林道14:30旧大沢スキー場→大沢駅17:40=(奥羽線)=福島駅

 参加者:山スキー班(渡辺、清野、宍戸、竹田、小笠原、ゆさ、( 平塚 )、 鈴木(磐城山岳会)チーム福島10 名)、

     大沢スキー場班(高橋、中沢+お孫さん
2名、村山ファミリー、石井、今井)

 天気図:
  


 栂森コース(概略ル-ト図)

    


吾妻山の会の恒例行事「栂森ツアー」が2月最終日曜日に行われました(わたしも入会して2年目、なんと会員らしい書き出しでしょう)。奥羽線峠駅に1番列車で集合。きょうのツアーリーダーの渡辺さんから「山の会でコースの案内はするが、個人の責任で行動するように」との注意ある。雪がチラチラしているが予報では天気はだんだん良くなるという、ワクワクしながら出発。去年も参加したのでだいたいのコースを覚えていたつもりなのに、スタート地点から違っていて、正解は奥羽線沿いに約10M歩いてから斜面を緩やかに登る。大きく3ターンして登り上がると旧峠スキー場、そこはすっかりおおきな木が生い茂っている。杉林を進むとやがて左下に滑川温泉が見える。視界も良くなり、吾妻の峰々も見えてくる。去年は快晴で蔵王や月山、朝日、飯豊と贅沢な景色を楽しんだのに、残念なことに今年はそうはいきません。雪崩の危険の難所を無事に越して、昼食。実は前日、二階堂穣一さんのお宅に泊まり、央子さんとふたりで穣一さんの思い出話をいっぱいして....。朝、おにぎり4コもいただいてきました。おにぎりが小さくてこまめに食べられて感激!央子さん曰く「穣一さんが指定した大きさ」とのこと。

さて、下りのスキー滑りも満足。「カボちゃんころがし」のいわれを聞く、以前の会員でえくぼ(カボともいう)のかわいい○○さんが、山スキーを始めたばかりで転がりながら元気に下りたので、この斜面をそう名付けたと。林道に出るが、先週の竜門下りとは違ってスイスイ滑っていたら、高橋さん、石井さん、今井さんのお出迎えに会う。さらに、旧大沢スキー場には中沢さんと2人のお孫さん、村山さんファミリーもいていちだんとにぎやか。

大沢小屋での山おろし、山の会で50年もの長い間お世話になっている後藤さんに感謝を込めてお礼を申し上げました。そして、この小屋と山の会の歴代の方々との関わり合いの武勇伝を伺い、すばらしい会に入れたことを再確認しました。後藤さんが来年もこの小屋を開けてくださることを伺って皆で安心して、来年以降のこの行事の継続を確信しました。(入会2年目なので少し偉そうに報告いたします。)









 ※ 天気図 ・ コ−スル−ト図 ・ 報告文は遊佐さんより投稿戴きました。
    写真(スナップ)は、事務局長の宍戸さんより提供戴きました。